潰瘍性大腸炎のみなさんへ回腸嚢炎

内科治療体験記

◆再燃・再入院

No'10

 とりあえず退院後の生活を満喫するため無理をしないよう色々好きなことをしていた。

 半幼馴染の友人が結婚するので発起人に選ばれていた。結婚式の打ち合わせをするも、それ以降良くなるかなと思っていた下血がだんだん酷くなってきていて、退院4週間目にはトイレの回数1日4回、すべて下血で赤く染まっているのを見てこれは治まらないなと感じていて、もちろん主治医にはこの症状を話しプレドニンを20mgまで上げてもらっていたが『これ以上プレを使わなければ入院になるね』て言われてしまっていた。このまま様子を見ていたが結局良くならずたった1ヶ月の帰還だけで再入院となってしまい、また絶食をすることになってしまった。また退屈な入院生活が始まり、まだ入院している爺ちゃん達にはどっかで見たことのある顔だなって言われるし、看護婦さんにはお帰りって言われるし、でも何か危機感のようなものは感じていなく、食事の楽しみも無いので家から持ってきたプレイステーション(まだPS2出ていない)すでにクリアしてしまったいるグランツーリスモで暇をしのいでいた。

 ちょうどその頃ファイナルファンタジー8が出ていたので友達に買ってきてもらい毎日朝から晩までファイナルファンタジー漬けなっていた。ロールプレイングはこれが2度目で初めてのロープレはドラクエじゃなく『クロノトリガー』(スーファミ)というたしかエニックスとどっかの合作(今ではコラボレーションか)だったかな、という変わった存在でした。

<<前のページ    次のページ>>

 
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー