潰瘍性大腸炎のみなさんへ回腸嚢炎

内科治療体験記

◆新しい装具・脱水症状

No'25

 装具の隙間に便が潜り込み難い装具がちゃんとあるもので、装具側のお腹に貼り付ける面が少し盛り上がっていて、お腹に少し食い込む形になり密着度が増すツーピース式の装具があった。その装具のおかげと俳液量が減ってきたので装具の隙間に水様便が潜り込む問題は解決された。

 まあ何とか5月の中旬頃には退院できた。後は最後のオペだ!と思っていたがまた新しいトラブルに遭遇した。

 ちょくちょくシャワーの後激しい動悸と目まいに襲われ立っていられなくなり、その場にしゃがみこむ事があった。2・3分休むと良くなるのであまり気には留めなかったが、脱水症状の様なものなんだろうと思っていた。だがオペ後1ヶ月位たったらだんだん調子が悪くなってきて、もう全てがしんどい状態になっていた。

 病院に行ったらやはり脱水症状と診断され入院になった。どうしてこんな事になったかというと、原因の一つに腸壁のむくみが関係しているらしく、オペ後というのは腸壁がむくんで機能が低下するらしい。長時間のオペだとなおさららしい。2期目のオペはJポーチ作成と肛門管吻合という頻雑で長丁場なオペの為、そうなったんだろうと思う。

 1週間で退院したが、しばらくしたらまた同じ状態で入院してしまった。まあお気に入りの看護婦(師)さんに会えるからそれはそれでいいけどっ・・・(こんな楽しみしかないんだわ)

<<前のページ    次のページ>>

 
広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー